季節の変わり目 秋の過ごし方

夏から秋へ 体調を崩しやすい

まだまだ残暑が続く初秋は、夏の疲れが出やすい時期。朝晩の気温差もあり、

季節の変わり目は、体調を崩しやすいので注意が必要です。

ご自身や家族のちょっとした不調に気づき、心身のケアができる

季節の変わり目を上手に過ごすポイントをお伝えします。

秋は乾燥に注意

秋は空気が乾燥しやすい【乾燥の季節】なので、呼吸器系に注意しましょう。

中医学の五行学説によると、秋は空気が乾燥しやすい季節で、【肺】が影響を受けやすいと言われています。

※五行学説とは・・・

中医学では、自然界に存在するものは、すべて陰と陽に分けられ、自然の摂理に従い、人間の体も陰陽のバランスで健康を保っていると考えます。

さらに五行『木・火・土・金・水』の五つに分類し、我々の体は自然界の影響を受けやすいと考えられてきました。

日常において、寒いときは体の温まる食べ物を、疲れてくると甘いものをとりたくなるのも、

中医学の五行によります。

ここでの【肺】は、西洋医学の臓器の肺だけではなく、

のど・鼻・気管支などの呼吸器系や、皮膚など体のバリア機能ととらえます

のど・鼻は気道で肺とつながり、皮膚は毛穴を通して皮膚呼吸しているので【肺】と関連しています。

乾燥した気候により【肺】のうるおいが不足すると、

☑こんな症状ありませんか

□のどの渇きや痛みがある    

□声がかすれる

□から咳がでる         

□鼻炎、鼻水がでる

□便秘  

□肌がカサカサする  

□髪がパサつく

これらの症状は、【肺】の機能の一つ、水分代謝の調整が低下して起こります。

呼吸器系の乾燥は、のどの炎症や、風邪、気管支炎を誘発する原因にもなり、

女性が気になる美容にも大敵です。

予防と対策

乾燥を予防するには、皮膚と呼吸器をケアして、うるおしましょう。

皮膚は、体の中で最も免疫力に優れ、外邪と戦う防衛作用もありますが、

寝不足、不規則な食事、ストレスなどで体力が落ちると、免疫力も低下します。

・ヘアケアも念入りは、トリートメントで髪の中に栄養を与えて、内からキレイにしましょう

ウォーキングやサイクリングなどの有酸素運動は、新鮮な酸素を体内に巡らせることができるのでオススメです。

・セルフケアでマッサージしましょう。保湿は念入りに。

皮膚をうるおし、肌のみずみずしさを保つのは、血液の働きによるもの。

血液の流れをよくする食べ物を摂ったり、

肌をマッサージすることで、血行が良くなり、疲労回復、免疫力も高まります。

秋は食欲の秋、美味しいものがたくさんの実りの季節。気になる秋の食養生については次回をお楽しみに。