冷え症の対策

今日は大寒。今回のテーマは《冷え症》

寒さにより全身のめぐりや代謝が低下しやすい冬は、血行が悪くなり「冷え」を感じることも多いですね。

現代医学では「冷え」に対してなかなか有効な手段はありません。

冷えは万病のもと言われ、膀胱炎、頻尿、自律神経失調症、頭痛、肩こり、月経不順、不眠などの症状も引き起こします。 

なんと、体温が1℃下がると,免疫力が30%、代謝が12%低下すると言われています。

冷え性の原因はさまざまです。女性に多い悩みの一つで、ストレスなどの自律神経系の乱れで、体温調節がうまくいかなくなり、

末梢の血液循環が悪くなる、

また女性は男性と比べて、脂肪が多く筋肉量が少ないため、熱を作りにくいことも原因とされています。

漢方の考えで自分の「冷え」のタイプを知り、早めに対策をして健康を維持しましょう。

Q あなたはどのタイプ?

漢方の考えで、冷え症を典型的な3つのタイプに分けて、対策しましょう。

以下の症状で当てはまるものに☑チェックしましょう。

A                 B                  C

□冷えのぼせ
□ストレスをためやすくイライラしやすい □胃腸が弱い
□肌あれ
□手足の冷え
□肩こり、頭痛
□舌や唇の色が悪い
□月経痛
□疲れやすい
□夜間の頻尿
□冷えると軟便、下痢に
□腰痛
A ストレスタイプB 血行不良タイプCエネルギー不足タイプ
おすすめの食材
セロリ、春菊、みかん、ゆずなどの柑橘類    
おすすめの食材
玉ねぎ、納豆、里芋、 ネギ、生姜、酢など 血流をよくする食材
おすすめの食材
にら、エビ、肉類(羊豚)、 黒ゴマ、黒豆、海藻類など黒い食材

冷え症の予防と対策

冷え症を予防するには、毎日の生活習慣が大切です!

人は誰でも自分で治す力(自然治癒力)をもっています。

日常生活や食生活を見直し、冷えのない快適な暮らしをめざしましょう。

◆食養法

旬の食材を食べる。冬に北でとれる根菜類には身体を温める作用があり、夏や南国でとれるきゅうり、トマト、マンゴー、キュウイなどのフルーツは身体を冷やします。

ネギ、玉ねぎ、生姜など辛味、温性の食材をバランスよくとり、冷たいもの、生野菜を摂りすぎない。

鍋料理やスープ料理にしてとるのもオススメです。

◆体を冷やさない

靴下の重ね履き、5本指ソックスはまずシルク素材をはき、綿素材を重ねる。

腹まきで腰を冷やさない。しめつけの強い下着は避けましょう。

首のまわりを覆う。マフラー、手袋、レッグウォーマーを使う。

◆運動

血行をよくするウォーキングやストレッチなど適度な運動を心がけましょう。

◆入浴

38~40℃くらいお風呂にゆっくりつかる。

◆リラックスタイムをもつ

植物の力で自己治癒力を高める“アロマテラピー

ストレス対策に、【アロマスプレー】があると、気軽にリフレッシュできます。

アロマテラピーの精油は、自然界の植物のさまざまな部位から抽出され、人の心と体に影響を及ぼします。

柑橘系の「オレンジ」「ベルガモット」「ゆず」は血行を良くし、自律神経のバランスを整えます。

「ローズマリー」「ジンジャー」は血行を良くします。

入浴剤や【アロマバスソルト】を使用して、ゆっくりと入浴時間を楽しみましょう。